本ページはプロモーションが含まれています

NFT 暗号資産

取引所で買えるのはイーサリアムMATIC?ポリゴンMATIC?ブリッジなしでポリゴンMATICを入手する方法

  • NFTを購入するためのポリゴンMATICがほしい。
  • 暗号資産取引所によってMATICが違うってなに?
  • ブリッジなしでポリゴンMATICを入手したい!
お悩み

MATICはイーサリアムチェーンポリゴンチェーンの2種類があって、多くの方が大混乱しています。

そこで、今回の記事では初心者の方でも理解できるようにわかりやすく解説していきますね。

ブロックチェーンはしっかりと理解しないで送金してしまうと、暗号資産が消えてしまう(セルフゴックス)ことがあるので注意しましょう!

それではさっそく、イーサリアムとポリゴンの2つの世界について解説していきます!

イーサリアムとポリゴンの違いとは?

まず、イーサリアムとポリゴンの世界を理解しておきましょう。

最初に理解しておくべきことは、イーサリアムチェーンとポリゴンチェーンは別物ということ。

ポリゴンはイーサリアムと親子関係ではありますが、使用上は全くの別物と理解しておいてください!

イーサリアムチェーンの通貨をポリゴンチェーンでそのまま利用することはできません。

また、赤ETHや紫ETHを取引所にそのまま送金することはできないので注意してください!

冒頭でもお伝えしましたが、間違って送金してしまうと資金を失う可能性があります。

もしも、イーサリアムチェーンの通貨をポリゴンチェーンで使いたい場合は、『ブリッジ』とういう通貨の交換作業を行なってください。

例えば、赤ETH(ラップドイーサ)紫ETH(ポリゴンイーサ)に交換するときなどはブリッジが必要です。

イーサリアムとポリゴンのどちらにも『WETH』がありますが呼び名はなんですか?

お悩み

メタマスクでは赤ETHと紫ETHのどちらも『WETH』と表示されます。区別するために、赤ETHを「ラップドイーサ」、紫ETHを「ポリゴンイーサ」と一般的には呼んでいますよ。

ガス代を支払うトークンが違う

イーサリアムとポリゴンの世界では『ガス代』の支払いに使えるトークンも違います。

イーサリアムチェーンのMATICをポリゴンチェーンのガス代として使うことはできません。

イーサリアムチェーンで人や取引所に送金するときやNFTを購入するには、ガス代としてETHが必要になります。

一方、ポリゴンチェーンでは、ガス代の支払いはMATIC(マティック)でおこなうので注意しましょう!

また、メタマスクを使ってブリッジをおこなうときはガス代としてETHが必要になります。

ガス代としてのイーサが少ないとブリッジが実行されないので覚えておいてくださいね。

ウォレットアドレスは同じ

今までお話した内容はあくまでブロックチェーンとガス代の違いです。

メタマスクで使うウォレットアドレスはイーサリアムとポリゴンは同じものを利用するのでお間違いなく。

イメージとしては、1つのお財布に円とドルを一緒に入れるような感じです!

国内取引所のMATIC対応チェーン

国内取引所が取り扱っているMATICはどっちのチェーンなの?

お悩み

結論として、取引所ごとに違います。

ですので、各取引所が取り扱っているのが「イーサリアムMATIC」か「ポリゴンMATIC」のどちらなのか確認しましょう。

下記は2024年2月現在、国内の取引所で買えるMATICの状況です。

対応チェーン取引所
ポリゴン
MATIC
コインチェック
ビットポイント
SBI VCトレード
Zaif
OKCoinJapan
イーサリアム
MATIC
ビットバンク
ビットフライヤー
DMM Bitcoin
OKCoinJapan

もしもポリゴンMATICを入手したいのにビットバンクでMATICを購入してしまうと、下記画像にあるメタマスクのイーサリアムMATICに送金されてしまいます。

ですので、取引所の対応チェーンをしっかりと理解しておくようにしましょう!

ブリッジなし】ポリゴンMATICを入手する

ブリッジ作業は手間や手数料がかかるので、できるだけおすすめしません

もしサクッとポリゴンMATICを入手したいなら、送金手数料無料のビットポイントを利用しましょう。

ビットポイントについて詳しく知りたい方は、【スマホ10分でかんたん開設】取引手数料無料のBITPOINTはじめかたを21枚の画像付きで解説の記事を参考にしてください。

紹介コードを使って口座開設をすると、お好きな暗号資産がもらえるのでいきなりMATICが入手できますよ!

\1500円分のプレゼントがもらえる/

『紹介コード OLJKAUWFUP』

このように、取引所の対応チェーンを理解しておくことでややこしいブリッジ作業なしでどちらのMATICも入手可能というわけです!

コントラクトアドレスとは?

トークンのコントラクトアドレスというものをご存知ですか?

私たちがいつも入金などで使うアドレスは「ウォレットアドレス」で、暗号資産(トークン)に割りふられたアドレスが「コントラクトアドレス」です。

どちらも似たアドレスですが、コントラクトアドレスはウォレットと暗号資産(トークン)を連携するためのものですよ!

イーサリアムチェーン

  • WETH(ラップドイーサ):0xC02aaA39b223FE8D0A0e5C4F27eAD9083C756Cc2
  • イーサリアムMATIC:0x7D1AfA7B718fb893dB30A3aBc0Cfc608AaCfeBB0

ポリゴンチェーン

  • WETH(ポリゴンイーサ):0x7ceB23fD6bC0adD59E62ac25578270cFf1b9f619

上記以外のトークンアドレスを知りたい場合は、下記のリンクからアクセスをして検索してみてください。

コントラクトエクスプローラー

もし、エクスプラーラーで検索しても出てこないときは、その銘柄の公式サイトに載っていることがあるのでそちらで確認してくださいね。

トークンをインポートする方法

取引所から送金したけどメタマスクにトークンが表示されない??

お悩み

僕も最初の頃に、「送金したはずのトークンはどこいった!」と焦ったことがありました。

メタマスクにはあらかじめ表示させたいトークンのアドレスをインポートしておく必要があります。

トークンインポート方法

  • 「トークンをインポート」をタップ。
  • 検索またはカスタムトークンを選択します。

「トークンをインポート」をタップ

まずは、メタマスクアプリを開いて「トークンをインポート」をタップします。

検索/カスタムトークンを選択

トークンは「検索」または「カスタムトークン」どちらからでもインポートできます。

検索でインポート

インポートしたい通貨を「検索」します。

表示したいトークンを選択してください。

ここでインポートしたいトークンが表示されない場合は、トークンアドレスをコピーしてください。

カスタムトークンでインポート

もし上記の「検索」で表示されないトークンは「カスタムトークン」でインポートします。

カスタムトークンには「トークンアドレス」を貼り付けることでインポートできます。

トークンアドレスはこちらを参考にしてください。

トークンアドレスを貼り付けると、トークンシンボルとトークンの最小桁数が自動で表示されますよ。

最後に「インポート」でメタマスクにトークンの追加完了です。

Polygon(MATIC)に関してのよくあるQ&A

Q取引所にPolygon ETH(紫イーサ)を送金できますか?

A:Polygon ETHはどこの取引所にも送金できません。送金したい場合はブリッジまたはスワップ作業が必要です。間違って送金してしまうと資金を失う可能性があります。

送金するには

  • Polygon ETH→ETHにブリッジして取引所に送金
  • Polygon ETH→ポリゴン用MATICにスワップして対応取引所に送金

Q:メタマスクでブリッジはいくらから可能ですか?

A:メタマスクのブリッジは10ドル以上から可能です。最低10ドル以上は転送するようにしてください。


Q:メタマスクで1回ブリッジするのにガス代はいくらかかります?

A:ブリッジするチェーンなどによって価格は違いますが、イーサリアムMATIC→ポリゴンMATICへのブリッジですと、約1500円〜3000円程度かかります。

-NFT, 暗号資産