本ページはプロモーションが含まれています

NFT

【最新】暗号資産ウォレットで”必須”のメタマスクを初心者向けにはじめ方と入出金方法を画像で解説

  • メタマスクってなに?
  • メタマスクのはじめかたを知りたい。
  • メタマスクの入金 / 送金する手順がわからない。
お悩み

今回は、上記のようなお悩みを解決するため記事を書いてみました。

この記事をご覧のみなさんがメタマスクをはじめるときのきっかけは、だいたいこんな感じかと思います。

メタマスクはじめる理由

  • NFTをOpensea(オープンシー)で売買したい。
  • NFTゲームと連携してアイテムを購入したい。
  • 暗号資産やNFTを保管したい。

結論、「イーサリアム系ブロックチェーンのサービスを利用するにはほとんどの場合メタマスクが必要」です。

そのメタマスクって、「なんだかよくわからないし、はじめるまでの手順がめんどくさそう」なんて感じませんか?

じつは、はじめるまでの手順はそれほど多くはないので、この記事を読めば簡単にはじめることができます。

アツシ

記事の信頼性:僕は購入したNFTをメタマスクに保管しています。

メタマスクに暗号資産を送金するには、まずは取引所での口座開設が必要です。

メタマスクにイーサ(ETH)を送金したい方は、手数料がもらえるビットバンクからはじめるとお得に購入できるのでさっそくはじめてみましょう。

bitbank

板取引で手数料がもらえる/

合わせて読みたい

目次

MetaMask(メタマスク)ってなんなの?

可愛いらしいキツネのマークで覚えやすい、MetaMask(メタマスク)の概要はこちら。

メタマスクとは?

  • アメリカのConsenSys(コンセンシス)が提供
  • 2016年9月に公開された暗号資産ウォレット
  • 利用者数は世界中で3000万人以上
  • PC・スマホに対応

MetaMask(メタマスク)はイーサリアム系ブロックチェーンに対応した暗号資産ウォレットです。

無料でインストールできます。

イーサリアム系?、
ウォレット?

お悩み

イーサリアム系とはイーサリアムと同じブロックチェーン規格のもの。
ウォレットは暗号資産やNFTを保管できるお財布のことだよ。

そして、一般的にウォレットの種類は2種類あります。

ウォレットの種類

  • ホットウォレット:お財布
  • コールドウォレット:銀行預金

上記はあまり聞き覚えのない言葉かもしれませんが、メタマスクはホットウォレットです。

重要

ホットウォレットは、コールドウォレットにくらべてセキュリティが低いということだけはしっかり理解しておいてくださいね。

メタマスクをはじめる前に知っておくべき注意点3つ

まずはメタマスクをはじめる前に3つの注意点をしっかり理解しておきましょう。

メタマスク注意点3つ

  1. 基本的に暗号資産はETH(イーサ)を保管可能。
  2. 対応しているブラウザが限られる。
  3. ホットウォレットなのでセキュリティが低い。

基本的に暗号資産はETH(イーサ)を保管可能

メタマスクはイーサリアム系の暗号資産のみに対応しています。ですので、ビットコインの保管はできません。

主に、イーサリアム系ブロックチェーンで動いているNFTの『取引』・『保管』・『転送』などができます。

有名なNFTオンラインマーケットプレイスは、OpenSea(オープンシー)ですね。

注意点①

ビットコインはMetaMask(メタマスク)では保管はできません。

対応しているブラウザが限られる

PCで利用できるブラウザは下記の5つ。スマホの場合は、iOS、Androidともにアプリをインストールできます。

PC版のメタマスクはアプリではなく、Webブラウザの拡張機能として利用可能。

利用できるブラウザ

  • Google Chrome
  • FireFox
  • Microsoft Edge
  • Opera
  • Brave

注意点②

AppleのブラウザSafari(サファリ)を使っている方は対応してませんので、Google Chromeなどを利用してください。

ホットウォレットなのでセキュリティが低い

メタマスクはイーサリアム系のブロックチェーンサービスと便利に連携できますが、一方で、悪質なハッカーから攻撃を受けやすいというリスクがあります。

そこで、ホットウォレットには4つの注意点があることを覚えておきましょう。

注意点③

あやしいサイトにメタマスクを接続しないこと(リンクをふまない)

メタマスクを『無料Wi-Fi』では絶対に接続しないこと

メタマスクの『シークレットリカバリーフレーズ』『秘密鍵』は他人に絶対に教えないこと

とくにOpensea(オープンシー)でNFTを売買するときには英語表示が多いので注意すること

また、上記の注意点と合わせてこちらの詐欺にあわないためのポイントを常に意識してみてください。

ポイント

英文をザックリでもいいので翻訳してからクリックする。
すぐにポチポチするとクリックすると詐欺にあうという意識が大切‼︎

【最新】初心者向けにMetaMask(メタマスク)のはじめ方を解説

メタマスクの注意点がわかったところで、いよいよメタマスクのはじめ方をWebブラウザ(パソコン)とスマホアプリで別々に解説していきます。

Webブラウザ(PC)からはじめる

今回は、Google Chromを利用するやり方で解説していきます。

作業は4ステップで完了しますので、サクッと終わらせましょう。

まずはじめに、Google ChromからMetaMask公式サイトにアクセスしてDownload(ダウンロード)をします。

しかし、ここでも超大切な注意点を1つ。

アツシ

Google検索では、絶対にメタマスクにアクセスしないでください。

Google検索でサイトを探すと詐欺サイトにアクセスしてしまう可能性があります。

下記URLと少しでも違うものは詐欺サイトですので絶対にアクセスしないようにしてください。

\安全なメタマスクURL/

本物!MetaMask公式サイト→https://metamask.io/

『Download for』をクリック

右上の『Chromeに追加』をクリック

『拡張機能を追加』でGoogle Chromの拡張機能に追加されます。

右側のウォレットの作成をクリック。

これでメタマスクが拡張機能としてブラウザにダウンロードされました。

続いて、初期設定を行いますのでこちらをクリック→Webブラウザ(PC)での初期設定

スマホアプリからはじめる

スマホアプリは通常どうりインストールするだけなので簡単。

\安全なメタマスクURL/

本物:iPhone・Androidのインストールはこちらから→https://metamask.io/download/

こちらもよくわからないURLからのアクセスは詐欺の可能性があるので、

必ず『Apple Store』または『Google Play』からインストールしてください。

アプリがインストールできたら初期設定を行いますので、こちらをタップ→スマホアプリでの初期設定

Webブラウザ(PC)での初期設定

ブラウザにダウンロードできたら、初期設定をおこないます。

手順は3ステップで完了しますので、あと少しですよ。

ただし、ここからがとても大切ですのであせらずに設定していきましょう。

Webブラウザ(PC)初期設定

  1. パスワード設定
  2. リカバリーフレーズをメモして保管
  3. シークレットバックアップフレーズの確認

1.『パスワード作成(設定)』する。

パスワードを入力したら忘れないように必ず紙などに記録しておきましょう。

2.『シークレットリカバリーフレーズをメモして保管』する。

下記に表示された”超大切な”12個フレーズ(英単語)を左から順番に間違いがないように、書き残しておいてくださいね。

これは銀行の暗証番号と同じくらい大切なので、ネットの繋がらない環境で必ず保管してください‼︎

3.『シークレットバックアップフレーズの確認』をする。

順番に英単語をクリックしながら、12個のフレーズを確認しましょう。

これでメタマスクのWebブラウザ(PC)での初期設定は完了です。お疲れさまでした。

スマホアプリでの初期設定

スマホにアプリをインストールできたら、初期設定をおこないます。

手順は3ステップ。あと少しですので頑張りましょう。

スマホアプリ初期設定

  1. パスワード設定
  2. リカバリーフレーズをメモして保管
  3. シークレットバックアップフレーズの確認

1.『パスワードの設定』をおこないます。

設定したパスワードを忘れないように注意してくださいね。

2.『リカバリーフレーズをメモして保管』する。

下記に表示された”超大切な”12個フレーズ(英単語)を左から順番に間違いがないように書き残しておいてくださいね。

これは銀行の暗証番号と同じくらい大切なので、ネットの繋がらない環境で保管することが重要。

3.シークレットバックアップフレーズの確認

順番に英単語をクリックしながら12個のフレーズを確認しましょう。

これでスマホアプリでの初期設定は完了です。お疲れさまでした。

取引所からMetaMaskへ入金(送金)する方法【ビットフライヤー】

それでは、メタマスクにイーサ(イーサリアム)を送金してみましょう。

今回はビットフライヤーから送金するやり方で解説します。

ビットフライヤーからメタマスクにイーサを送金する手順はこちらの5ステップ。

MetaMaskに送金する方法

  1. 暗号資産取引所でイーサを購入
  2. メタマスクのウォレットアドレスをコピー
  3. 暗号資産取引所の『入出金』にアクセス
  4. メタマスクのウォレットアドレスを登録(画像8枚)
  5. 希望数量を入力してメタマスクに出金(画像2枚)

1|暗号資産取引所でイーサを購入

まずは、メタマスクに出金できる『ETH(イーサ)を暗号資産取引所で購入』する必要があります。

イーサの購入手数料が安い『bitFlyer Lightning』で購入するとお得に購入できます。

2|メタマスクのウォレットアドレスをコピー

スマホの場合はメタマスクのアプリをひらいて、『ウォレットアドレスをコピー』します。

下の黒塗り部分に0x〜〜〜〜というアドレスが表示されているのでこちらをタップ。

3|暗号資産取引所の『入出金』にアクセス

今回はビットフライヤーアプリでのやり方を解説しますね。

まず、ビットフライヤーアプリをひらいて『入出金』をタップ。

4|メタマスクのウォレットアドレスを登録

メタマスクに出金するには、まずは『メタマスクのウォレットアドレスを登録』する必要があります。

手順は8枚の画像を参考にあせらず、ゆっくりすすめてくださいね。

ウォレットアドレスを間違えるとイーサを失う可能性がありますので、メタマスクのアドレスは手入力ではなくて、『コピー&ペースト』でおこなってください。

これでメタマスクのウォレットアドレスをビットフライヤーアプリに登録することができました。

5|希望数量を入力してETHをメタマスクに出金(送金)

ビットフライヤーアプリをひらいて、出金したい数量を入力して『出金』をタップ。

ただし、基本手数料として0.005ETHが発生するので、できるだけ出金回数は減らしましょう。

1ETH=200,000円であれば、1回の出金で1000円の手数料が発生します。

これでメタマスクにイーサが出金(送金)されました。

お疲れさまでした。

MetaMaskから取引所へ出金(送金)する方法【ビットフライヤー】

続いては、メタマスクからビットフライヤーにイーサを出金(送金)する方法を7枚の画像で解説します。

メタマスクからビットフライヤーにイーサを出金する手順はこちらの4ステップ。

MetaMaskから出金

  1. 暗号資産取引所のアプリから入金をタップ
  2. 暗号資産取引所の入金ウォレットアドレスをコピー
  3. メタマスクの送信先アドレスに暗号資産取引所の入金ウォレットアドレスをコピぺ
  4. 入金先と数量、ガス代をしっかり確認して送信

アプリから入金をタップ

ビットフライヤーアプリをひらいて『入金』をタップします。

入金ウォレットアドレスをコピー

ビットフライヤーの入金ウォレットアドレスをコピーします。

メタマスクの送信先アドレスに取引所の入金アドレスをコピぺ

メタマスクアプリから『送信』をタップ。

ビットフライヤーに入金(送金)したい数量を入力します。

続いて、送信先にはビットフライヤーの入金アドレスをコピペ。

入金先と数量、ガス代を確認して送信

送金アドレスを間違えるとイーサを失う可能性があるので、コピペしたアドレスに間違いがないか必ず確認しましょう。

以上でメタマスクから暗号資産取引所への入金(送金)は完了です。お疲れさまでした。

MetaMaskに関するQ&A

QなぜMetaMask(メタマスク)が必要なんですか?

A利用するプラットホーム(サービス)に暗号資産取引所のウォレットが対応していないからです。例えば、OpenSea(オープンシー)でNFTを購入する場合、支払いや購入したNFTを保管する場所が必要になります。このような機能があるのがメタマスクです。


QMetaMaskにビットコインの送金はどうしてもできませんか?

Aいまのところは不可能です。理由は、MetaMaskはイーサリアムブロックチェーンで動いているから。最近では、利用できるイーサリアム系のブロックチェーンが増えてきました。例えば、Polygon、Fantom、BSC、Cronos、Harmonyなどです。


Q暗号資産取引所からMetaMaskに出金される時間はどれくらいかかりますか?

A僕が実際におこなった経験ですと、3分以内でイーサが送金されました。


QMetaMaskの表示を日本語にできますか?

Aはい。設定できます。手順は下記画像の4ステップを参考にしてください。

メタマスクを日本語表示に変更する手順

MetaMask(メタマスク)まとめ

メタマスクは世界中で利用されていて、イーサリアム系ブロックチェーンのサービスを利用するにはなくてはならないものです。

今回は、まずはじめにこちらの『メタマスクの注意点3つ』の解説をしました。

最後にもう一度、しっかり内容を理解してメタマスクを始めるようにしてくださいね。

とくにセキュリティで重要な『シークレットリカバリーフレーズ』と『秘密鍵』の取り扱いには細心の注意が必要です。

メタマスク注意点3つ

  1. 基本的に暗号資産はETH(イーサ)を保管可能。
  2. 対応しているブラウザが限られる。
  3. ホットウォレットなのでセキュリティが低い。

『シークレットバックアップフレーズの確認』をします。

メタマスクはPC(ブラウザ)とスマホアプリどちらでも始めることが可能。下記手順を参考にしてメタマスクをはじめてみてください。

【最新】初心者向けにMetaMask(メタマスク)のはじめ方を解説

メタマスクのインストールと初期設定が完了したら、暗号資産取引所からメタマスクに出金(送金)をしてみましょう。

ウォレットアドレスのコピペに間違いがないように注意しながら出金をしてください。

暗号資産取引所からMetaMaskへ出金(送金)方法

反対に、メタマスクから暗号資産取引に入金(送金)することもできます。

こちらの手順を参考におこなってください。

MetaMaskから暗号資産取引所へ入金(送金)方法

メタマスクの問題点はセキュリティの低さにありますので、しっかりと対策したうえで利用するようにしてくださいね。

-NFT